LCDバックライト漏れ

一、LCD液晶显示屏漏光的定义

LCD液晶显示屏是信息时代中广泛使用的平面显示设备,它具有能耗低、外形轻薄、重量轻的特点,由液晶显示屏、连接件、集成电路、电子线路板、背光板以及其他结构件组合而成液晶显示液晶屏是平板显示主要设备。电视与LCD液晶显示屏经常会出现面板漏光的现象,这到底是什么原因造成的,是不是正常的呢?漏光到底是什么,其实漏光跟面板结构有非常大关系,首先主要由液晶显示屏(TFT-LCD)、背光(BLU)及柔性线路板(FPC)这三大部分组成的液晶显示液晶屏(TFT-LCM)在一般情况下漏光是一个非常正常的现象,因为漏光既不会影响液晶电视与液晶显示屏本身的亮度,更不会影响到液晶电视与液晶显示屏的响应速度以及使用寿命,唯一会影响的就是面板的整体显示效果。当背光LED灯口位的亮度明显高于其它区域时出现在灯口位置的亮斑或者亮柱被称为:漏光。

二、造成液晶显示液晶屏漏光的产生原因

1、LCD液晶显示屏漏光造成原因

根据一些生产厂家的统计分析,液晶显示屏产生漏光不良的原因,其中有93%是因为眩光不良而造成的,因此,可以断定漏光不良的主要关键问题是要解决眩光问题。

2.眩しさの理由

产生眩光的原因之一是液晶显示液晶屏中的背光中的LED灯发射的光线是直接射出的,而不是按照正常情况经过导光板均匀扩散出去的,同时,还有一种情况就是,导光板的制作效果不佳也会产生类似情况。从以上两种情况再进行细分,可以引伸出7个方面的原因。

(1) 導光板より厚いLEDランプ

導光板上のLEDランプの厚さは、光の余分な部分が導光板の上部から直接放射される場合、それは均一にまぶしさを形成する光の導光板を介して分散されていません。導光板とLEDランプのスパイラルマイクロメーターの使用により、統計値を測定し、統計値の平均値を比較した結果、測定データの平均値が有意差であることを示した:LEDランプは導光板より厚い。

(2) FPCの折り曲げ力は、FPCの両面接着力より大きい。

FPCの反射力が大きすぎると、LCDが引っ張られ、導光板とLEDライトの間にズレが生じ、導光板を通して光が均等に分散されず、グレアになる。しかし、FPCの反射力を定量的に調べる方法がないため、両面粘着剤の粘着係数と粘着面積を小さくして、グレアの発生の有無を確認した。接着面積を変えた場合のグレアの発生率を比較することで、FPCの反射力がFPCの両面接着剤の接着力よりも大きいという仮定は成り立たないことが確認された。

(3)员工挤压液晶屏

通过观察比对生产线上员工的作业手法发现,的确存在员工在加工过程中偶然会发生挤压液晶屏的情况,以此,通过进行对液晶屏用力捏压试验,发现捏压会使得LED与LCD的接触,当LCD接触到LED并且受到挤压时,LED顶部的双面胶就会将LED粘住并随之移动。所以,对于员工挤压液晶屏而造成眩光的假设是成立的。

(4) LCDとLEDの間に隙間がある。

当液晶显示液晶屏受到按压使得LCD与LED中间存在的间隙消失,双面胶就会粘上LED并带动它发生偏移,从而造成漏光现象。为了能确认间隙大小的适合度,我们利用0.1mm塞规对间隙进行了不同厚度的测试,最后结论是:采用0.1+0.06+0.02的黑胶组合可以塞入间隙,而采用0.15+0.06的黑胶组合则不能塞入间隙,由于黑胶本身的最大厚度是:0.06mm,因此间隙的大小为:0.12mm,说明:LCD与LED中间存在间隙造成眩光的假设成立。

(5) 窓とLED発光面との距離が小さいために生じるグレアー

バックライトD2の設計長さが2.9mmのモデルを例として、スタッフの操作によって有効D2の偏差が発生するため、D2の長さが2.9mmだけでなく3.1mmという2つの異なる条件のグレア率について比較テストを行い、異なる状況で発生する違いを確認したテスト結果:この2つの条件では、D2の距離が長くなるにつれて、グレア率の望ましくない割合は減少傾向にある。したがって、窓とLEDの発光距離の狭さもグレアの発生要素の一つであることがわかる。

(6) ガイドプレートのドットやセレーションの不良によるグレアの可能性

IQCをテストする必要があるガイドプレートのメッシュ不良とガイドプレートのセレーション不良の検出は、D2の長さは3.1ミリメートルと2.9ミリメートルの2つの長さの20枚のガイドプレートの不良率のテストは、結果は次のとおりです:ガイドプレートの効果は10個許容され、ガイドプレートの効果も10個許容されない。そして、2人の検査員が500枚のガイド板を検査した結果、導光板の不良が見つからなかったので、ガイド板のドット不良とガイド板の鋸歯不良がまぶしさの生産の主な要因ではないことを示す。

三、液晶显示液晶屏眩光的改善方法

まぶしさを生み出す要因に対処するには、以下のような改善方法がある。

1、導光板より厚いLEDライトの問題を解決するために、ペースト光吸収ストリップを使用する。

LEDランプを直接0.4mm厚に変更した場合、導光板の厚さに合わせるため、バックライトのコストが20%ほど増加し、LEDランプ変更後、導光板とマッチングできるかどうかもテストする必要があるため、推測を繰り返した後、バックライトの裏面を選択し、LEDランプ口金吸収帯を貼り、導光板をクッションにし、このようにした。LEDライトと導光板のマッチング度を調整し、グレアの発生を抑える。

2、LCD下の偏光板を大きくしてギャップを改善する。

元の42.10×34.40mmの偏光板を44.10×34.40mmの偏光板に変更することで、偏光板を長くしてLEDを完全にカバーし、同時にLCDとLEDの隙間を埋めることができる。

3.ビューポートの距離を長くする

標準偏差Sは0.058ミリメートルであるため、生産工程は、LEDのAA領域の端と黒と白の接着剤の端の距離を残すことになる場合は、LE Dの可視領域に接着黒と白の接着剤のために実施することはできません0 . 0 8 m mのスペース、同時に3.4mm D2の最大長さに従って計算すると、3.4-0.08-3×0.058 = 3.14だから、LED発光面からの距離のLED発光面からの視野窓は2.9mmから3.14mmに増加した。

トップに戻る